【システムウイング便り】 IT導入補助金でCAD導入費用が3/4 最大450万円戻ります!

いつもお世話になっております。
有限会社システムウイングの岩崎です。日頃のご愛顧感謝致します。
皆様におかれまいしては新型コロナで三密回避など、働く環境でご苦労されていることと思います。

今回は「IT導入補助金」をご紹介いたします。
これは中小企業・個人事業者等の皆様に対して、自社の経営課題に合ったITツール(CAD等)の
導入費用を国が一部補助することで、生産性向上や業務効率化を支援するものです。
2020年度は、通常の「IT導入補助金」に加え、新型コロナが事業に与える影響への対策および拡大防止に
前向きに取り組む事業者に対し補助枠を引き上げた「特別枠」が設けられました。
この「特別枠」というのは、テレワーク環境(在宅勤務)や非対面ビジネスモデルの整備に投資した場合です。

「特別枠」(C類型と言います)を簡単に申し上げれば、ITツールの導入経費の3/4を、
最大450万円まで補助するというものです。
例えば、ECAD DCX Standard 70万円を4台購入したとします。
合計で280万円ですが、この3/4に当たる210万円が戻ってくるというものです。
過去にない、すごい補助率です。

テレワーク環境のためでなければ通常の「IT導入補助金」(A類型と言います)を活用できます。
こちらは補助率1/2で、最大150万円まで補助されます。
こちらでも中小企業にとっては非常に助かる金額だと思います。

この制度で利用できるITツールは「IT導入支援事業者」によって登録されたITツールになります。
この度、弊社は「IT導入支援事業者」に認定されました。
弊社では以下のITツールを登録しました。(申請中の物もあります)

1.ECAD DCX Standard (シングル/ネットワーク)
2.ECAD DCX Professinal(シングル/ネットワーク)
3.ECAD DCX Premium(シングル/ネットワーク)
4.ECAD dio Standard (シングル)
5.ECAD dio Engineer(ネットワーク)

この「IT導入補助金特別枠」の申請は、現在、第5次公募、第6次公募まで来ておりまして、
第5次公募の締め切りが7月31日、第6次公募の締め切りが8月31日となっています。
予算が無くなり次第、終了と思われますので第7次があるかは不明です。
新型コロナで事業に影響が出ている中小企業への国からの支援ですので、
この機会をぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
なお審査がありますので必ずしも採用されるとは限りません。

申請に当たり以下の書類が必要です。
1.法務局が発行する「印鑑証明書」(gBizIDを既にお持ちであれば不要)
2.履歴事項全部証明書
3.直近の法人の納税証明書

詳しくは以下の「中小企業・小規模事業者のみなさま」をご覧ください。
https://www.it-hojo.jp/applicant/

また「IT導入支援事業者」及び「ITツール」は、「IT導入支援事業者・ITツール検索」から探せます。
弊社は、以下の条件で出てきます。
・製造業向け
・北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
・システムウイング
・業務固有プロセス

詳しい話が聞きたい方は電話、メールで弊社までお問い合わせ下さい。
このメールの内容は、ぜひ経営者の方にもお伝えして頂ければ幸いです。

2020年07月22日